星に限りはあるのだろうかなどと考えて白湯のむ白湯ありがたい

炊飯器パカッと開けました真冬の喜び

白飯に塩昆布さっと食べて仕事に行く

家出るまだ月の朝