カワウソと魚人

自由律俳句、たまに定型俳句 気ままな俳句日記

2017年07月

もう晩夏


ポップコーン弾けたあと静か

あんなに食べたのにまだ腹減る

どこの犬かわからない犬と出会った

寝転んで夏草のつもり


惣菜屋のビニール袋が引っ掛かりそうな三日月見て帰る




月夜、ゴキブリの家移り

あんなに食べたのに腹減る

どこの犬かわからない犬と出会った

寝転んで夏草となる






月明


稜線に沈む夕日を見届ける仕事してきた


浴衣の人達とすれ違っている何もない

暑い日のアイスコーヒーはこっそり飲む

ふと不安になり父に電話した電話にでた

月明のスマホに照らされし顔たち

月の光も入ってこない家です


不惑


紙エプロンをつけても汚れている服着ている

酒飲めないこと惑わない年になった

煙草はやめたあれから何年

なんの虫かは知らない部屋にいる虫

さみしさに町の灯りまで出てきた



無精


蝉が必死にもがいていた家の外を帰宅

壊れたビルから続々とゴキブリ

誰かが倒れたと聞いても驚かない職場だ

じっくりコトコト煮込むこと無くスープを作る

なかなか開けない手紙があり夏の机


livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 累計:

ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ