カワウソと魚人

自由律俳句、たまに定型俳句 気ままな俳句日記

2016年07月

炎熱やひっくり返ったセミの腹






会議

にんげんの言葉を話す犬がいてねこの縄張りのこととか協議す




無名

この花はなんの花かと尋ねても誰も知らないゆえに愛しき




夏というもの

始まりと終わりの時を告げるセミ夏のいのちが詰まっております






漆黒の隙間に揺れるオニユリのやさしき愛撫に眠る夜かな





livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 累計:

ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ