カワウソと魚人

自由律俳句、たまに定型俳句 気ままな俳句日記

2012年04月

回覧板

深夜の回覧板の届く音だ




隣は何をする人ぞ...



石ころ

足とられて石ころ




山登りの際は浮石に注意しなければいけない。



桜の芽

桜の芽吹きみたお参り




もうすでにに満開というよりも散っているのだが、

この時はまだ咲いていなかった。

でも、確かに桜の木は生きていたんだ。



白髪

白髪が増えてきた頭とそれらしい顔となり朝だ




ちょっと気になっているんだ。




青色

この空のずっと遠く遠くまで続く青色




写生句のつもり。

海をずっと見ている。

海紅に投句した句。



livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 累計:

ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ