カワウソと魚人

自由律俳句、たまに定型俳句 気ままな俳句日記

2012年03月

春の夜

見知らぬ夜のどこからか春の夜




春の夜、遅い時間に聞こえてくる物音。




鼻水

春の空の鼻水が止まらん



見てのとおりだ。




しぐれ

しぐれの合間に帰る




昨日のことだ。

今しかないタイミングだった。




小さき

梅は小さき小さき梅よ白し




まだ観梅に行っていない。

毎年梅を見に行くのが、個人的に楽しみなのだが...

まだ、咲き誇っていない2月の白梅を奈良で見た。

今年は、この円らで可憐な花見た満足がある。

だから良しとしよう。



春一番

春一番は吹かず街を散歩する




春一番は吹かない。

散歩するのさ。




livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 累計:

ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ