カワウソと魚人

自由律俳句、たまに定型俳句 気ままな俳句日記

冬から春へ


高いパンしか残っていないパン屋を出る

白湯ばかり飲んで働いている

冬の空夕焼けた欅の美しい場所に作業しに来た

ストーブの上でアンパン焼いていたばあちゃん思い出して胸のあたりが痛い

ハンコ押す書類がたまり溜まって二月かよ

猫がそんなにも驚いた顔してズッコケながら逃げた朝だった

落ちた日が雨だった椿





母のことなど(覚え


我が母にお萩贈りしあの人はおそらく母に恋してたのだ

日中に何してるのか分からない母居ぬ家で店屋物食う

母を待つ深夜二時なるラジオから北朝鮮の放送聞こゆ

なぜ寝ぬと怒りし母に寝た振りし家出る車の音聞く子ども

冷蔵庫あるものなんでも使えたなその当たりには無頓着な母



2月


釜揚げの饂飩の湯気や友と会う


一人鍋即席ラーメン作りをり


芽吹きたるモクレンの芽に指で触れる

凍死した猫眺めやる通勤路



兆し


もう何もすることもなき室内に立春大吉の光のみ差す

真っ直ぐに伸びてきっちり切りそろえ棒のような木も芽吹いた春だ

カサコソと葉の裏側の蠢きて虫動きたる春がきたりし




寒い夜


苦情ばかりいうオバチャンの担当になる朝

嘘ばかりの営業トーク聞く人には順位があるんだな

親が子を送迎するのを見守るでなく違法駐車をさせない仕事終わりました

月を見て歩きスマホとぶつかって寒夜



livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 累計:

ブログランキング
人気ブログランキングへ
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ